自己価値とは、自分が自分をどう扱うか

自己価値が低いことで起こる人生の悪影響はあまりに多く、 ましてやそれが、自分の親に起因しているとすれば 虚しさをどこへ持って行けばいいのか??  人生のソンくじを誰に怒ればいいのか?? 長い堂々巡りの苦悩を続けるかもしれません。 生まれて初めての人間関係の相手=親が 自分をどう扱ったかが、その人の自己価値の基礎みたいなもんになる。 「ああ、自分はこの程度に扱われる存在なんだな」ってのがその人の普通になる。 ですが、だからって、大人になったあなたがそれをそのまま真に受けて 自分を軽んじて、低く扱うことはないんです。 カラクリに気が付いた時点で、今までの観念を改めればいい。 なかなかすぐにはできないけれど、 それは改善することができます! まずは、愛しい自分を興味を持って注目し、 何に喜び、何に悲しむのか、、、自分の大事な子供にするように、 寄り添ってともに感じ、理解してあげてください。 落ち込めば励まし、うまくできれば褒めてノセて、うきうきと調子に盛らせてください。 そうやって自分の最大の理解者であり、最大のファンであり、最大のプロデューサーで あり続ける。。。 アダルトな母性を持った愛情深い母親がそうするであろうことを、 自分が自分に与えていくわけです。 「自分を大事に扱う」練習の、第一歩は、そこだと思います。 コーチが必要なら、どうぞ相談してくださいね!(^-^)